トップ > 健康診断について > 何歳から健康診断を受けた方がよいのでしょうか
健康診断について
健康診断とは 何歳から健康診断を受けた方がいいのでしょうか 申し込みはどのようにするのでしょうか? 健診フロー 健康診断の種類 健康診断結果の見方 情報処理システム 健康診断情報処理システム 多様なニーズに対応していくこと テクノロジー プライバシー 環境保護 充実した健診結果報告 問診票(事前調査票) 健康診断結果のお知らせ
 
何歳から健康診断を受けた方がよいのでしょうか

お勤めされている方、または学生さんは企業健診や学校健診があり、健康診断を受診できる機会は容易にあります。また国民健康保険に加入されている方は、40歳以上になるとお住まいの地域での健康診査の対象になり、申し込みをすれば健康診断を受診できる場合があります(区市町村で健康診査基準、健診内容の差異がありますので、お住まいの地域の担当窓口にお問い合わせください)

昨今、生活習慣病は若いうちから発症しているケースが多く報告されています。このような状態になる前に、遅くとも30歳からは年に1回、健康診断を受診されることを推奨します。また自覚症状がないと思われている方ほど、受診することをお勧めします。

※なお健康診断の結果は現在(受診した時期)の健康状態であり、将来の健康の保証ではありません。健康診断の結果が「異常なし」であったとしても、日頃の健康管理に努めることを忘れないでください。

→申し込みはどのようにするのでしょうか?