よくあるご質問


健診所要時間はどのくらいですか?

当クリニックでは定期健康診断で約1時間から1時間30分、人間ドックでは約1時間30分から2時間を見込んでいます。
ただし、当日混んでいたり、詳細な説明や追加検査を要する場合もありますので時間に余裕を持ってお越しくさい。

生理(月経)中でも検査はできますか?

尿検査、便検査、子宮がん検診では結果に影響が出る可能性があるため、健診日の変更をおすすめします。
急に月経が来てしまったり、変更できずに来院された場合は、健診当日スタッフに「生理中である」ことを申し出てください。

薬を飲みましたが健診に影響ありますか?

影響を与える可能性のある検査項目もありますが、詳しくは事前に主治医に確認してください。

食事をしてしまいましたが健診を受けられますか。ジュースやガムの摂取、喫煙はかまいませんか?

健診前12時間以内に食事やあめ、ジュース、ガムを摂取すると、一部の血液検査、尿検査、胃バリウム検査、腹部超音波検査は受けられません。食事などの影響で、異常な結果が出たり結果が判定できないためです。
また、当日の喫煙は、胃バリウム検査に影響を与えるおそれがありますのでお控えください。

便潜血検査は健診日の何日前のものなら検査できますか?

健診日3日前(※)から当日までの間に採取したものであれば検査可能です。必ず冷暗所保存(直射日光をさけ涼しい場所)の上、ご持参下さい。(※例:健診日当日が25日なら3日前は22日)

便潜血検査は下痢便から採取してもいいですか?

下痢便(軟便)でも便潜血検査は出来ます。便は1カ所だけでなく数カ所擦り取ってください。

下腹部超音波検査で尿をためておくように言われましたがなぜですか?

膀胱に尿がたまっていないと、子宮・膀胱・前立腺などが写りにくい場合があるので検査前は排尿を控えてください。

妊娠中ですが腹部、下腹部、乳房の超音波検査はできますか?

腹部、下腹部、乳房とも影響はないといわれています。

マンモグラフィーと乳房エコーどちらが効果的ですか?

乳腺超音波もマンモグラフィーも触診では分からないような腫瘤を見つけることが可能ですが、どちらが優れているかについては一概には決められません。
マンモグラフィーには写らないものが超音波で発見可能であることも多く、逆に超音波では見逃してしまうような病変がマンモグラフィーでは微細な石灰化として見えることがあります。
一般的に若い人(35歳未満)は乳腺濃度が高く、X線を使うマンモグラフィーでは乳房全体が白っぽく写ってしまうため超音波をお勧めし、それ以上の年齢の人へはマンモグラフィーをお勧めしています。毎年受けられている方は交互に受診するとよいです。

採血の際、気分が悪くなるときがあって心配です。

そのような方はあらかじめスタッフに申し出てください。ベットに横になって採血します。

バリウム検査後に下剤を飲みましたが次の日になっても便が出ないのですが、どうしたらいいですか?

普段から便秘気味の方は市販の下剤を追加して飲んでいただきますが、そうでない方は様子をみていただいて、夜になっても便が出ない場合は市販の下剤をお飲みください。
その後も排便がなかったり、腹痛、嘔吐、腹部の膨張感などの症状が出た場合には速やかに医療機関を受診してください。

妊娠中ですがインフルエンザワクチンは受けられますか?

妊婦は接種不適当者に含まれません。
インフルエンザワクチンは不活化ワクチン(病原性をなくしたもの)で胎児に影響を与えるとは考えられておらず、むしろ妊娠中にインフルエンザに罹患する方が危険です。かかりつけの産科医でのワクチン接種をお願いします。

熱がありますがインフルエンザワクチンの接種はできますか?

通常は37.5度を超える場合は病気の前段階である可能性もあるので接種は控えますが、医師に相談してください。

インフルエンザワクチン接種後、飲酒、入浴、歯科通院しても大丈夫ですか。また、熱が出ましたが大丈夫ですか?

飲酒は乾杯程度の少量なら問題ありません。入浴は差し支えありませんが注射部位を擦ることや長湯は控えてください。歯科については歯科医に相談してください。
また、接種後の発熱は、全身性の反応としてみられることがありますが、通常2~3日でおさまります。その後も続くようでしたら医療機関を受診してください。

クリニック専用駐車場はありますか?

専用駐車場はございません。ご迷惑をお掛けしますが電車やバスなどの公共交通機関のご利用をお願いします。