トップ > 作業環境測定 > アスベストに係わる測定・分析
作業環境測定
作業環境測定とは アスベストに係わる測定・分析
 
アスベスト(石綿)に係わる測定・分析

(1)定性分析(アスベスト含有の調査)
アスベストの定性(アスベストの有無とアスベスト種の確定)を分散染色法(位相差顕微鏡)とX線回析分析法の併用により確実に調査します。

位相差顕微鏡による分散染色法

クリソタイル アモサイト クロシドライト
クリソタイル アモサイト クロシドライト
アモサイト クロシドライト

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡

X線回析分析法/X線回析装置

X線回析装置

(2)定量分析(アスベスト含有量の調査)
アスベストの定量(何%アスベストが含まれているか)を、高性能X線回析装置により高精度かつ短期間で実施し、分析結果をご報告します。

■お申し込み

一般財団法人 労働衛生協会  作業環境測定グループ

〒168-0072 東京都杉並区高井戸東2-3-14
TEL 03-3331-2251(内線203)  FAX 03-3331-0287

東京労働局 登録番号 13-4
日本作業環境測定協会 会員番号 213008
中央労働災害防止協会 名簿登載番号 51-13-06
アスベスト分析依頼書フォーム

↑ページトップへ