トップ > 健康ガイド > 生活習慣病 > メタボリック症候群 > 内臓脂肪型肥満が問題です
健康ガイド
生活習慣病 メタボリック症候群 糖尿病 高血圧 高脂血症 健康診断結果の見方
 
メタボリック症候群
内臓脂肪型肥満が問題です ■まず肥満とは

「身体に過剰な脂肪が蓄積した状態」でBMIが25以上を肥満と判定します。

BMI(Body Mass Index)は医学的根拠を持ち、国際的に用いられている体格指数です。
男女ともにBMI22の体格が最も病気にかかりにくいことがわかっています。


■求め方

BMI = 体重(kg) ÷ { 身長(m) }2
標準体重(kg) = { 身長(m) } × 22
(適正体重)

【 例 (身長170cm、体重72kgの場合) 】
BMI は 72 ÷ 1.7 ÷ 1.7 = 24.9
標準体重 は 1.7 × 1.7 × 22 = 63.6kg

■肥満には二つの種類があります

皮下脂肪蓄積型
皮下脂肪蓄積型 洋ナシ型
腹腔外の皮下に脂肪がある場合で運動してもなかなか脂肪はとれにくいタイプ 下半身に脂肪がつきやすく、外見上で太っていることがわかりやすい
内臓脂肪蓄積型
内臓脂肪蓄積型 リンゴ型
腹腔外の内臓周囲に脂肪がある場合で運動により脂肪は取れやすいタイプ 外見上で太っていることはわかりにくく、お腹だけポッコリ出ているタイプが多い

内臓脂肪面積100cm以上がこれに該当
(へそ周囲が男性85cm・女性90cm以上の場合は要注意です)

放置しておくと生活習慣病になりやすいため早期に改善が必要です

↑ページトップへ