トップ > 健康ガイド > 生活習慣病 > メタボリック症候群 > メタボリック症候群の基準値について
健康ガイド
生活習慣病 メタボリック症候群 糖尿病 高血圧 高脂血症 健康診断結果の見方
 
メタボリック症候群
メタボリック症候群の基準値について 内臓脂肪型肥満を基本に次の3項目中2項目が該当すればメタボリック症候群になります。
■血糖高値
糖尿病型の基準は下の様になっています。
糖尿病型の基準

メタボリック症候群の基準は、血糖値110mg/dl以上の方です。

■血圧高値
血圧の基準は下の様になっています。
血圧の基準

メタボリック症候群の基準は、血圧値130/85mmHg以上です。(いずれかが該当)

■脂質代謝異常
脂質の基準は下の様になっています。
脂質の基準

メタボリック症候群の基準は 中性脂肪 150mg/dl以上、HDLコレステロール 40mg/dl未満 になっており、総コレステロールは含まれていません。

以上のように全て基準値が低めに設定されています。
これは、それぞれの所見を早めに意識し、生活習慣を改善することで
動脈硬化を早期に予防することを目的としているからです。

↑ページトップへ