トップ > 健康ガイド > 生活習慣病 > 脂質異常症 > コレステロールはどうして上がるのか
健康ガイド
生活習慣病 メタボリック症候群 糖尿病 高血圧 高脂血症 健康診断結果の見方
 
脂質異常症
コレステロールはどうして上がるのか

ほとんどは遺伝と生活環境の影響をうけて高くなります。

  • 過食
  • 動物性脂肪の摂り過ぎ
  • 運動不足
  • 肥満

2次性高コレステロールは、内分泌疾患、肝臓・胆嚢疾患、ネフローゼ、慢性腎炎などの影響で上がる事もあります。

  • 男性:40代が一番高く後は漸減する。
  • 女性:50代(閉経後)で高くなり、後はあまり変化がない。
    *女性ホルモン(エストロゲン作用)の消失の影響が大きい