トップ > 業務のご案内 > 作業環境測定
業務のご案内
各種の健康診断 人間ドック 生活習慣病健診 一般定期健康診断 特殊健康診断 行政指導による健康診断 婦人科健診 作業環境測定 産業保健支援活動
 
作業環境測定

(1)作業環境測定の流れ

作業環境
有害物質に対する法規制(安衛法65条、施行令21条等)

測定の目的
実態の把握・作業者の健康障害防止

デザイン
測定目的に合うか?/有害物質の発散源・拡散範囲・作業者行動範囲等

サンプリング
測定目的に合うか?/有害物質の発散源・拡散範囲・作業者行動範囲等/有害物質の採取方法・測定時間等

分析・解析
測定目的に合うか?/有害物質の発散源・拡散範囲・作業者行動範囲等/分析機器・分析精度

評価
作業環境評価基準の遵守

対策
評価が第2・第3管理区分となる作業場への改善対策等のアドバイス



(2)石綿に係わる測定・分析

1 定性分析(石綿含有の調査)
石綿の定性(石綿の有無と石綿種の確定)を分散染色法(位相差顕微鏡)とX線回析分析法の併用により確実に調査します。
2 定量分析(石綿含有量の調査)
石綿の定量(何%石綿が含まれているか)を、2台の高性能X線回析装置により高精度かつ短期間で実施し、分析結果をご報告します。