保健指導のご案内

健診事後指導

毎年受けられている健康診断の結果を、しっかり活かしていますか?
労働安全衛生法では、健診後の保健指導が勧められています。所見を正しく理解して、対処することが、生活習慣病発症・重症化の予防には欠かせません。保健師が一緒に健診結果を振り返り、対処方法、改善ポイントを一緒に考えさせていただきます。
健診事後指導
 対象者(例)
特定保健指導の対象前の20代・30代の「要医療」
治療しているがコントロール不良者
昨年、要精検や要受診の判定が出ていたが未受診・未治療者
従業員本人からのお申し出
…など対象者を選ぶことからお手伝いいたします。
 面談内容
対象者1人あたり 30分~1時間程度(ご要望に応じます)
所見の説明、生活習慣の聞き取り、食事や運動などの日常生活での注意点や改善方法、治療法、受診勧奨など